第17回 せんり

今回の寄席バッソは入船亭扇里の独演会となります。

きっかけは、ラジオでたまたま聞いた扇里師匠の落語に魅了された事。これは!と思い東京の会に行ってからはすっかりファンに。
一見、気さくで優しそうで、超が付くほどのベイスターズファンの扇里師匠(ツイッターではほぼベイスターズの話題ばかり笑)ですが、ひとたび落語が始まれば、周りの景色をじわりじわりとに闇にかえてしまう深く静かな声が紡ぎだす扇里ワールド。是非、体感していただきたい!と切に願っております。

11月のこの夜を、さらに深い闇夜へ。

扇里師匠の落語と共に埋もれてみてはいかがですか?

プロフィール
19歳で入船亭に入門
平成22年真打昇進
余計な脚色をしない研ぎ澄まされた話芸は耳馴染みがよく、入船亭らしい芸風は昔ながらの落語ファンも唸らせる。絵本作家でもあり、熱狂的なベイスターズファン

寄席バッソ スタッフ横井

第16回寄席バッソ

おまっとさんでございました(故・キンキン)!

今回もまたまた落語界きっての永遠の旅人☆こしら師匠が寄席バッソに途中下車です!

ここ最近の師匠は日本各地や、はたまた海外かと所狭しと精力的に落語会をひらいておりまして、もう寄席バッソには寄ってくれないのかしら・・などと寂しく想いわずらっておりましたが、思い切ってオファーしてみたら

(・∀・)イイヨイイヨー

と軽く承諾していただけました~

師匠のフットワークの軽さ、大好きです!

↑↑↑

。。とここまで書いてすっかり続きを忘れてましたが(汗)、あれよあれよとゆう間になんとチケット完売いたしました!ありがとうございます!

話かわって。数日前に新ニッポンの話芸を聴きに(広瀬和夫プロデュース 立川こしら・三遊亭萬橘・鈴々舎馬るこの落語会。すばらしい会です。)東京は成城ホールまで行きました。

御三方、今回も本当に見事でここでしか体感できない落語会の雰囲気に酔いしれました。確実に楽しめる落語会です。(ご興味ありましたら行ってみてください♪ポットキャスト「新ニッポンの話芸」では4人のトークも聴けますよ)

中でもこしら師匠の相変わらずの爆笑王ぶりに大笑いしとても楽しい時間を過ごせたのですが、同時に、地方でも手をゆるめることなくきっちりと笑いをかっさらっていく真摯な姿勢をより強く感じました!

(今回も)落語よりも長いマクラから語られる海外での落語会事情を聴く限り、世界各地でも同様に笑いをとってる姿が目に浮かびます。

にもかかわらず!本当の目的はポケモンゲットとゆうこのクールな姿勢はどこにいっても健在!(・・ところで師匠のポケモンレベルはいくつになったのでしょうか・・もう私には計り知ることができない域に達しているのでしょう・・。) ←現時点で37だそうです!スゴイ!

そんなこしら師匠を寄席バッソにお招きできている事を自慢したくてしたくてしかたがないstaffヨコイ。今にも、

静岡でこしら師匠の独演会を最初に開いたのは寄席バッソなりいいいいいッ!(ノ゚д゚)ノ ウォォォォー!! 

と安倍川河川敷で叫びだしたい衝動にかられています。

では皆様、今慌てて書いてますが寄席バッソは明日です ∑(゚Д゚)アァ!?

皆様のお越しをスタッフ一同、心からお待ち申しております。

staffヨコイ

 

お願い☆

・駐車スペースに限りがございます。数名でご来場される方はなるべくお乗り合わせでお願いいたします。

・会が始まりましたら携帯、音の出るものをお持ちの方は必ず電源をお切りくださいね。

・今回はいつもより30分遅い開演です。お間違いのないよう。

・ドリンクは出ますがお食事はできませんので、お腹がすきそうな方はお食事をされてからご来場ください。(お菓子はふるまわせていただいております)

・写真撮影は、こしら師匠の中入り撮影タイムでどうぞ!開演前・開演後もOKです(他のお客様にご迷惑おかけしないようお願いいたします)

・電車、バスでお帰りの方で万が一間に合わない方がいらっしゃいましたらお申し下さい。スタッフが最寄りの駅まで送らせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15回寄席バッソ

第15回寄席バッソは待ってました!内海英華師匠&春風亭朝之助さん!

朝之助さんは前回にひきつづきです(今回は花いちさんはおりません)。なのでまあ・・ご紹介は前回の読んで下さい(この扱いw)

そして、我らが英華師匠が2度目のご登場です!

去年の寄席バッソではたっぷりの唄とトーク、リクエストにもなんなく答え、すっかりお客様を魅了。初めての方も多く、多分皆さん感じていた筈、「私、俺は今、贅沢な時間を過ごしている事よのう・・」と。粋な女道楽の芸を身近で見聴きする、なんとも浮世離れな体験にすっかり夢見心地な皆様の表情が忘れられません。もちろんスタッフも英華師匠の凛とした佇まいにすっかり夢中に・・。個人的には英華師匠が唄の合いの手(?)を小さく「よっ」と発声するところが「たまらん!!」と萌えていました。いやあ、人のツボって色々ですね(`Д´)@ビシッ!

落語家ばかりが寄席の醍醐味じゃない。女道楽の世界にどうぞどっぷりはまっていただきたい。

では前回来れなかった方のためにご紹介・・

女道楽とは女性の芸人が唄や踊り、そして間に軽妙なトークを挟んで披露する高座。そしてそれをやれるのは内海英華ただ一人 !また現代の上方落語にフィットするように改良し、さらにはジャズとのセッションを行う試みなど新しい可能性にも挑戦している。

う←内海英華師匠 う、麗しい・・・

すっかり忘れてたけど(!)毎回毎回全力な朝之助さんの江戸落語も期待大!そのみなぎるパワーは静岡の熱帯夜を更に熱くうだらせてくれることでしょう。暑い時こそ熱い落語を聴いて暑気払いですよ! そして朝之助さん、英華師匠とは初の二人会で緊張してるそうなのでちょっと楽しみです。

寄席バッソスタッフ/横井

 

あ、ついでに寄席バッソの名コンビ↓ 右が朝之助さん・左が花いちさん(笑)

_20161121_183039

第15回寄席バッソ 内海英華 / 春風亭朝之助

7/12 ㈬ 18時半開場 19時開演

前売り2,300 当日2500 どちらも1d付

会場 静岡市駿河区下川原6丁目26-15 カフェバッソ

チケット取扱い カフェバッソ / カーサキューブ

お問い合わせ 054-260-4099 カーサキューブ横井  054-260-5155カフェバッソ

メール ccshizuoka@suehiro-k.co.jp カーサキューブ横井

※お席に限りがございますので前日までのお早目のご予約をおススメいたします。

※キャンセルの場合は前日までにご連絡下さい。

 

 

 

春?きた?え?終わった?戻った?あ、やっぱ春っぽい

そんな季節到来です。

落語家は季節に合わせた噺をもってくるわけですが(こしら師匠は別だなw)こんな季節だとなんともスッキリしない方も多いのではないかと、いらぬ心配をしているstaffヨコイでございます。

さてそんな季節に呼ぶにふさわしい噺家といえばこちらのお二人、名前が春っぽい柳家花いちさんと春風亭朝之助さんです(`Д´)@ビシッ!

そして今回もお二人を 裏で手を回し二人を呼んだわりには、チケット10枚ぐらいポケットマネーで買い取ってくれるわけでもなくチラシを配ってくれるわけでもなく当日彼らと楽屋で美味しそうなお弁当をついばみ始終ニコニコ笑ってる姿は寄席バッソの弟的存在を狙ってるのかと疑心暗鬼にならざるを 呼んでくださり多大なる尽力を尽くしてくれたのはSさん。Sさんなくしては寄席バッソはこのような発展を遂げることはなかったと感謝しかございません!ありがとうございます!ナカヨシ♪(p´・∀・)乂(・∀・`q)コヨシ♪

そんな事よりも、花いちさんと朝之助さんも今回で4回目。来るたびに『坊ちゃん、こんなに立派になられて・・』と目頭が熱くなるのはやはり二人が静岡出身の噺家だからでしょうか?そして・・こう言ったらなんですが・・お二人は他の噺家達に比べどこか純粋な眩しさがあり(超失礼)こんな小さな寄席でもお二人の力になれたらなあなんて思わせる奇特なコンビだからかもしれません。。

日々、浮世の黒い関係に辟易されている筈の皆様には是非今回の寄席バッソにお越しいただき、彼らの清々しい落語で浄化されていただきたいなあと毎回毎回毎回願ってやみません!

寄席バッソstaff ヨコイ

第14回寄席バッソ

第14回寄席バッソ 柳家花いち&春風亭朝之助 二人会

5/15 ㈪

18時半開場 / 19時開演

前売り¥1800 / 当日¥2000 ※1ドリンク付き / 小学生以下はドリンク代¥500のみ

会場 cafe basso  静岡市駿河区下川原6丁目26-15

問い合わせ casa cube 054-260-4099 ㈬、第1,3,5㈫休み

cafe basso 054-260-5155 第1,3,5㈬休み ※その他不定休有

お席に限りがありますのでお早目のご予約をおススメいたします。ご予約は前日までとさせていただきます。また、前売りご予約キャンセルは前日までにご連絡お願いいたします。

 

ついに立川吉笑氏が寄席バッソにやってきます!

二つ目ながらすでに意識高い系のメディアに注目されている吉笑氏。

「デザイン あ」「MUSIC BB」「WOWOWぷらすと」etc。「吉笑ゼミ。」のイベントや、「KISSHU SHOW」「立川流が好き」「立川流マゴデシ会」なる落語会。水道橋博士のメルマガ『メルマ旬報』で「立川吉笑の現在落語論」。著書に「吉笑年鑑 2012」「現在落語論」。

こんなに精力的な二つ目が他にいるだろうか。

そして才能豊かな噺家が、どうやら静岡での独演会はまだ開かれていない・・・。ぬるい、ぬるいぜ、静岡(`Д´)@ ビシッ!

そうとなれば、 意識高い系席亭&スタッフ としては黙って見過ごす手はないと鼻息荒く、でも、喉はカラッカラ、震える手を叱咤しながら吉笑氏に初メール❤

今回も見事出演交渉成立となりました(*゚∀゚)=3 ムッハー

吉笑氏の擬古典と称される新作落語にはギミックも多く、思わぬ展開で笑わせてくれる。

彼の落語の面白さは多角的視線の妙にあり、その視線は高性能なカメラとなり「吉笑落語」とゆう新なジャンル映画となる。その1本が私たちの脳内映画館で色鮮やかに上映される日はもう間近!

二つ目だからこそ、今、見ておかないと必ず後悔する落語家、立川吉笑氏の独演会にぜひお越しください。

staffヨコイ

第13回寄席バッソ 黄緑

第13回寄席バッソ 立川吉笑独演会

3/25 ㈯

17時開場 / 17時半開演

前売り¥2300 / 当日¥2500 ※1ドリンク付き / 小学生以下はドリンク代¥500のみ

会場 cafe basso  静岡市駿河区下川原6丁目26-15

問い合わせ casa cube 054-260-4099 ㈬、第1,3,5㈫休み

cafe basso 054-260-5155 第1,3,5㈬休み※その他不定休有

お席に限りがありますのでお早目のご予約をおススメいたします。ご予約は前日までとさせていただきます。また、前売りご予約キャンセルは前日までにご連絡お願いいたします。

 

 

 

161120夜バッソフライヤー

2回目となる「夜basso」

その全てが即興

一夜限りの宴

お見逃しの無きよう。。。

 

1/20 金曜日       開場19:00 開演19:30

会場 cafe basso

前売り¥2500 当日¥2800 1ドリンク付き

出演者

加藤ていじゅ :シタール

鈴木可奈古 :コンテンポラリーダンス

Bambrook design  :映像

渡会美帆 :作曲家

%e7%ac%ac12%e5%9b%9e%e5%af%84%e5%b8%ad%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bd-%e9%85%89%e5%b9%b4

出演   春風亭柏枝 / 三笑亭可風

日程   1/8㈰ 3:00開場 3:30開演  

木戸銭  前売り¥2,000  /  当日¥2,200 *ドリンク付き

※着物でお越しのお客様、前売り扱いとなります

 

さあ新春寄席バッソ、最初の落語家はやっぱり目出度そうな人がいいだろうってことで、前回、笑福亭羽光氏との二人会ではんなりした落ち着いた落語を披露していただいた真打なりたて(パチパチ♪)見た目的には真打5年目ぐらいに見える佇まい、三笑亭可風師匠と、そしてこれはびっくりだけど、あのクロマニヨンズのマーシーがおススメする落語家の1人に挙げていた春風亭柏枝師匠!

マーシーはなんと子供のころから落語を聴いて育った生粋の落語ファン。・・知らなかったなあ。そんなそぶりちょっとも出さなかったし。まだデビューしたてで全国的に有名になる手前、そう、確か「夜のヒットスタジオ」に出演し日本国民をアッとゆー間に虜にしたあの歴史的な日のちょっと前、ブルーハーツが静岡の地下にあるライブハウスに出演したことがあった。あの時、ヒロトの天井高く吹いたビールを頭から浴びた夜、ヒロトの飛び蹴りをくらったファン達に押しつぶされていたあの夜、マーシーはクールな顔でギターを弾いていた。まさかっ あの時のっ マーシーがっ 落語を聴いていたなんて!そのマーシーが時を超え、一之助との対談で柏枝師匠をおススメしているなんてー!!

これは音楽とダンスと中国武術と落語を心から愛す新春寄席バッソにふさわしい噺家であることは間違いなし(`Д´)@ ビシッ!!

そんなワケで、第12回、新春寄席バッソ、年始のひと笑にぜひ~☆

staffヨコイ

 

お問い合わせ  054-260-4099 casa cube 横井

★席に限りがあるので、なるべく前売り券でのお求めをおススメしております。

★★チケット取扱い窓口は、cafe basso となりのモデルハウスcasa cubeとなります。直接来ていただくか、お電話いただければご対応させていただきます。                  また不在の時はcafe bassoが窓口となりますので、スタッフにお声かけください。

★★★駐車場に限りがあるので、数名でそろってお越しの際には車を乗り合わせるか、公共の交通機関をご利用ください。

 

 

 

%e7%ac%ac11%e5%9b%9e%e5%af%84%e5%b8%ad%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bd

出演   立川こしら

日程   12/22㈭ 18:30開場 19:00開演  

木戸銭  前売り¥2,500  /  当日¥2,800 *ドリンク付き

※着物でお越しのお客様、前売り扱いとなります

 

・・・確実にきてる

何が?

波だよ!立川こしらの波がきてるってんだよー!(`Д´)@ ビシッ!

カープ落語で盛り上がり、「立川こしら・ユリコタイガーのクールジャパン対決」なるラジオ番組も始まり、最近では南は沖縄落語ツアー、北は東北落語ツアーを大成功させ、来年はなんとアメリカ・ヨーロッパで落語会をするなんてグローバル化がどーにも止まらないこしら師匠だ!近いとこで言えば「こしらの集い」in浜松は着々と客足が伸びているよう。それと忘れちゃならないのは広瀬和生プロデュース「新ニッポンの話芸」が存続!まあ(仮)だけど、来年もきっと大丈夫に違いない。そう確信している。

何故なら、静岡に生息するファン達の「こしら愛」を信じているからだ!( ✧Д✧) カッ!

静岡にも色んなこしらファンがいる。名は挙げられないが(当然だ)、新ニッポンの話芸終焉を阻止するために折れた足を引きずってまで行き、帰りの新幹線は当然間に合わずハイウェイバスの最終便で帰っていった者、明日の仕事の為に一杯吞んでハイウェイバスで帰って行った者、東京で暮らす知人の家に泊まれる為、一杯吞んで帰った者、せっかくだから翌日遊んじゃえって事でホテル予約して一杯飲んで帰った者。。。どの人も皆、立川こしら師匠の噺家としての魅力にまいってしまった者ばか・・誰だ!!少ないなんて思ってるのは!!!数じゃないッ情熱の話をしてるんだこちとらーッ!!!(もちろん全国各地に師匠のファンは沢山おります・注)

彼らがいる限り、新ニッポンの話芸は終わらないし寄席バッソもこしら師匠を呼び続けるつもり。もちろん、師匠の落語をまだ体験してない人にも是非来てほしいし。

こしら師匠の魅力は底なしの沼だ。

はまればいい。

あらゆる場できっと物議をかもしている(?)師匠の適当な立ち振る舞いwなんかに気をとられ、迷い込んだこしら農園。畑からそこはかとなく漂うペテンの香りに誘われて気が付けばそこは底なしの沼だった。落語なのかライブなのか真実なのか落語なのか落語なのか落語家なのかと沼に引きずり込まれていくに違いない。笑顔で。

えー、ホントは落語で例えたいけどまだ無理なんでこんな感じ。

ただ、最後にはこの沼に足を突っ込んだもん勝ちにさせてくれる落語家だと確信している!

勘だけど!

では最後に・・

フジロックにミュージシャン枠で参加した唯一無二の噺家!

3分間落語のパイオニア!

ポケモンGOレベル33(11月25日現時点)!

好きな飲み物はダイエットコーラ!

無農薬栽培の米、レモングラスを育て、蜂蜜をガチで売る多才なこしら師匠の落語を聴きに是非お越しください!!

 

お問い合わせ  054-260-4099 casa cube 横井

★席に限りがあるので、なるべく前売り券でのお求めをおススメしております。

★★チケット取扱い窓口は、cafe basso となりのモデルハウスcasa cubeとなります。直接来ていただくか、お電話いただければご対応させていただきます。                  また不在の時はcafe bassoが窓口となりますので、スタッフにお声かけください。

★★★駐車場に限りがあるので、数名でそろってお越しの際には車を乗り合わせるか、公共の交通機関をご利用ください。

 

 

%e7%ac%ac10%e5%9b%9e%e5%af%84%e5%b8%ad%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bd

第10回寄席バッソは柳家花いち氏と春風亭朝之助氏。

お二人は初めてこの寄席バッソに出演していただいたプロの落語家で、そのお口添えをしていただいたのが静岡の落語界を取り仕切り、その名を聴けば全国の落語家が震え上がるとまことしやかに囁かれている・・・

「駿府寄席実行委員会&ちゃっきり寄席」である(`Д´)@ビシッ!

駆け出しのころからお二人を我が子のように可愛がり(妄想)、時には手厳しく指導し(妄想)手塩にかけ育てた落語家を、こんなどこの馬の骨だかわからないような、なんなら頬骨とエラの自己主張が強いだけの席亭がしきる寄席バッソ(卑下)なんかにあずけなければならないその胸中・・お察しします!!(staffヨコ)

・・と、思いきや、この話を持ちかけてくださった キーマンS氏 チラシをあまり配ってくれてない感やチケット売りにさほど手を貸してくれる気あんまない感つかマジどーゆーつも  軽やかな対応に、新参者の寄席バッソメンバーもすっかり グダグダ 肩の力が抜けてお陰様で今日まで楽しく寄席バッソを続けていくことができました。この場を借りて、これからもそんな感じでよろしくおねがいしまーす♪ナカヨシ♪(p´・∀・)乂(・∀・`q)コヨシ♪

さて、花いち氏と朝之助氏。

花いち氏は二つ目になって6年だからそろそろ真打が見えてきた頃だしここまできたらやめるわけにはいかない頃 で 朝之助氏は2年だからなんなら逃げるなら今かもしんない頃。

書いててコワッてなる。

逃げれない噺家と逃げれる噺家。

二人に限ったことではない。二人の前にも後ろにも同じように噺家が走っている(逃げてたりして)そう思うとまたもやコワッ・・

・・なんて想像にうっとりするのは落語家の事もほとんどわかってない、駆け出し落語ファン1年目の女特有の症状。ま、ファン1年目ってのは、こんな薄ら寒い妄想で落語家をわかったよーなつもりになる頃として許してほしい(笑)。

そもそも二つ目はそんな戯言に付き合ってるヒマはないのだ。今日も明日も明後日も、日本各地で落語をするのが務めであり修行なのだ。で、それは真打になっても続くようだし。

そんな噺家達の落語会を静岡で企画し続けてきた、駿府寄席&ちゃっかり寄席の先輩方に改めて敬意を払いたいとゴマをすってみる。

そんなワケで(?)柳家花いち氏と春風亭朝之助氏、なんだかんだで若手二つ目、目の離せない2人です!二人の行く末を見届ける過程も込みで今回の寄席バッソを楽しんでみてはいかがですか?

最後に一言。朝之助さんが毎回着てくるシャツが派手すぎることをここにお知らせしておく。

casa cube/寄席バッソstaff 横井

 

第10回寄席バッソ

11月21日  月曜日

開場 18時半  /  開演19時

出演者 柳家花いち / 春風亭朝之助

前売り ¥1,800 当日2,000

場所 cafe basso

お問い合わせ  054-260-4099 casa cube 横井

 

★席に限りがあるので、なるべく前売り券でのお求めをおススメしております。

★★チケット取扱い窓口は、cafe basso となりのモデルハウスcasa cubeとなります。直接来ていただくか、お電話いただければご対応させていただきます。                  また不在の時はcafe bassoが窓口となりますので、スタッフにお声かけください。

★★★駐車場に限りがあるので、数名でそろってお越しの際には車を乗り合わせるか、公共の交通機関をご利用ください。

<最寄りの駅> 用宗駅か安倍川駅→どちらも徒歩20分程

<静鉄バス> 中原池ヶ谷線静岡駅経由(徳洲会病院方面) 乗り口/ 静岡JR 2番  降り口/ マイホームセンター前→徒歩で150号線を真っ直ぐ焼津方面に進んで5分程

%e7%ac%ac9%e5%9b%9e%e5%af%84%e5%b8%ad%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bd

先ずは、昔々亭A太郎氏の落語を楽しみにされていた皆様にお詫び申し上げます。また時期を改めまして、A太郎氏の落語が聴けるよう寄席バッソにお誘いしていきたいと思いますので、その日までどうぞ楽しみにお待ち下さいませ。

 


さて、そんなワケでA太郎氏の休演でよもやの羽光氏の独演会か!こっちはかまわん!やったろうじゃないかい!と勢いづいてましたが、粛々と代わりの噺家の手配を進めた羽光さんには頭が下がる思いです。そして氏が代打に指名したのが春風亭一門の若き刺客、春風亭昇羊氏!今年の5月に二ツ目に昇進したての新星。そして今回もやっぱりとゆうか・・何故だ!?とゆうか羽光氏・・もしや・・なのか!?とゆうのも・・

イケメン二ツ目なのである(`Д´)@!

A太郎氏も中々の男前とお見受けしたが、代打の昇羊氏までとは。。

ぬかりない、ぬかりないよ羽光さん!!

でも顔で落語をやるわけじゃなし、こっちは笑えて、唸って、グッと胸を掴まれるそんな体験ができればいい。落語ファン歴の長さにかかわらず皆そう思っているワケで、で、それが一番わかっているのも高座に上がり続けている噺家だ。そんな噺家が推薦で連れてくる噺家なら聴いてみたくもなる。

昇羊氏は昔は芸人に憧れ将来は新喜劇の役者、作家になりたいと思っていたことも有り、落語家になった今、新作落語を精力的に作っているそう。今回はそんな氏の新作と古典が聴けるのだから益々楽しみでならない。

急な代打を快く引き受けてくた春風亭昇羊氏と、3回目の寄席バッソの登場ともなると紹介文がぐっと少なくなる笑福亭羽光氏の二人会に是非お越しください!!

 

10月4日火曜日 開場 18時半 開演19時

出演者 笑福亭羽光 / 春風亭昇羊

前売り ¥1,800 当日2,000

場所 cafe basso

 

お問い合わせ  054-260-4099 casa cube 横井
★席に限りがあるので、なるべく前売り券でのお求めをおススメしております。

★★チケット取扱い窓口は、cafe basso となりのモデルハウスcasa cubeとなります。直接来ていただくか、お電話いただければご対応させていただきます。                  また不在の時はcafe bassoが窓口となりますので、スタッフにお声かけください。

★★★駐車場に限りがあるので、数名でそろってお越しの際には車を乗り合わせるか、公共の交通機関をご利用ください。

<最寄りの駅> 用宗駅か安倍川駅→どちらも徒歩20分程

<静鉄バス> 中原池ヶ谷線静岡駅経由(徳洲会病院方面) 乗り口/ 静岡JR 2番  降り口/ マイホームセンター前→徒歩で150号線を真っ直ぐ焼津方面に進んで5分程      バスの 時間は17:55 18:10 18:24 あたりに乗っていただけるとちょうどいいかも・・・事前にご確認ください!