Monthly Archives: 10月 2015

今日から静岡の街は大道芸一色。もう20年ぐらいやってるのかな?当時こんなに長く続くフェスティバルとは思っていなかっただけに感動を覚えます・・といいつつも、いつも土日は仕事に追われてたので、まともに見たことが一度もないんですよね。

ひねくれものの大道芸人が下川原までこないかな。

いつの間にかここの広い駐車場でジャグリングが始まってたら面白いのに。このいつの間にかってとこがポイント(笑)。

大道芸で思い出すのが映画「橋の上の娘」

当時ヴァネッサパラディが好きで観た映画です。ナイフ投げとその的になった女の話。当時はヴァネッサの美しさ、特にあのベリーショートに憧れてましたが、改めて観るとなんとも官能的。命をゆだねなければ、そしてそれを受け止めなければ何も始まらないこの関係性をもってこられたら、好きだ嫌いだ別れるだ別れないだ浮気しただ誤解だぐらいの恋愛映画では太刀打ちできないかも。(ま、途中ちょっと飽きましたがw)

yjimage[2] この場面素敵です。

そういえば、ヴァネッサは前歯のすきっぱが印象的ですが、フランスではセクシーな象徴でもあるそう。言われてみればそんな気もしてくるから不思議。

あ、監督はパトリス・ツコント。彼の「髪結いの亭主」も大好きな映画の一つです。

 

 

 

 

朝の五時半は夜が明ける気配を空に漂わせてるぐらいでも、6時にはもうサーモンピンクのきれいな朝焼け空で、そこから少しずつ透明な青い空へと変化している。 朝の秋空はなんともキレイです。

DSC_0518

この時間、外にでるとやはり温かいものが飲みたくなります。この場合は喉を潤すというよりも、少し冷えた身体にエネルギーを注入する気分に近い感じ。コーヒー、ココア、ほうじ茶、黒豆茶、ホットジンジャー。時には白湯。

家の近くに素敵な河原があるから、今度ポットにホットドリンクと簡単な朝食持って、朝の散歩してみたいけど、バタバタしてて中々。。 老後の楽しみになりそうです(汗)

最近、お店で人気のガトーショコラはホットドリンクのお供には最高かも(さりげなく宣伝。。)

寒空の中だったり、仕事の後、身体や頭を酷使した後にはホットドリンクと甘いケーキでとことん身体を甘やかせてあげたくなります。

そういえば、子供の頃に見た映画で、雪の中、猟師がライフル構えながら器用に朝食のケーキとコーヒーを食べるシーンがあって、それがとにかく美味しそうだったのを思い出します。緊張と緩和が見事に描かれた(?)シーンでしたw

 

 

寄席バッソ 前売り券販売始まりました

11月18日 水曜日、カフェバッソが寄席バッソになりますW

前売りチケットはバッソの隣の白い四角いモデルハウスcasa cubeで取り扱っておりますので、お気軽にお取り寄せください。  ※不在の時は、cafe bassoでの受け渡しになりますので、スタッフにお声をかけて下さい

前売り¥1,000 でドリンク付きでとってもお得です(当日は¥1,200) 席数があまりないので、お早目のご予約をおススメいたしております。   また、駐車場は19台ですので、複数でお越しの方はなるべく乗り合わせでお願いしております。また、電車でお越しの場合は、安倍川駅、用宗駅それぞれ20分程となります。

主に清水でご活躍していらっしゃる「与太朗の会」の皆様の胸を借りての初イベントです。

切り妻屋根の平屋のカフェで寄席。。ピッタリですW

いつもの平日の夜、ちょっと寄席でもって感じでふらっといらっしゃいませんか?

寄席バッソ前売りあり 

本って人生の中で何冊ぐらい読むのだろう?

ものすごく読書家ではないけれど、それでも一人でカフェに行っり、電車に乗ったり、自宅でぽっかり時間があいた時に本を読んでいます。そうなると、当然自分の好きな作家や興味のある記述を選ぶわけだけど、本屋に行けば、私の知らない作家も沢山いて、それををまったく知らないまま人生がすぎていくのもなんだかもったいない様な気が。

だから「これ読んでみて」と勧められたら迷わず読むようにしています。今まで読んだことのない文体や意外な物語性は本当に新鮮!そんな時は世界感がちょっとだけ広がったような気になります。

あと人の本棚も面白いですよね。 その人の頭の中を覗き見した気分になりませんか(笑)?

DSC_0394_20151015_105247

bassoは雑誌や写真集が多いかな。 あと新聞。

 

 

 

本日は久しぶりのお休みとなりました。

今は朝の9時。いつもならお客様がのんびりとモーニングセットをお食事されてたり、コーヒーを飲みながら新聞をお読みになったり、あるいはお友達と朝のおしゃべりに夢中になっていたりと、皆様思い思いの時間を過ごされる光景をのんびりと眺めているのですが、誰もいない店内はどうも不思議な気分です。

というのもこのcafe basso、本来はcasa bassoという平屋の商品住宅をcafe使用に厨房を広げた造りなので、営業していない店内はなんだかお店というよりも自宅みたいな見え方になるのです。

「家にいるみたいで落ち着く」といったお声をよくいただけるのですが、このように改めて眺め「なるほどな~」と今更ながら実感している次第です(笑)。

_20151015_105007

 

 

 

17時closeのお店に合わせてお客様も少しずつ帰られる頃は、空もすっかり暮れ始めて。秋だな~としみじみ。

最近は涼しくなってきたのでアイスコーヒーよりドリップコーヒーやココアをご注文されるお客様もふえてきました。ホットドリンクに合わせて手作りケーキも新作をご用意しましたので是非ご賞味くださいね。

ところでこんな日は少し哀愁のあるMugisonの歌声がしっくりきます。。。→https://www.youtube.com/watch?v=_2olZA3K5-s

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

カフェから歩いて15分ぐらいの所に用宗港があります。

ここの港はこじんまりしてて好きなので、たまに足をのばすことがあります。

最近、西加奈子著「漁港の肉子ちゃん」を読んだ影響で久しぶりに朝の港に寄ってみました。単純ですね(笑)。

DSC_0355

用宗といえばしらす漁。港の近くにもしらすの販売店が沢山あって、しらす好きの私にはたまんない環境です。

小説では漁港にある焼き肉店で働く肉子ちゃんが出てきますが、この辺りでは焼肉屋はなく当然肉子ちゃんもいないのですが、代わりにサギが!

_20151009_150855

写真ではわかりにくいですが、かなり大きかったです。こちらに慌てることもなく悠然とかまえた姿はなんともかっこよく、きっとこの辺の元締めですね。

おじゃましました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0309

昨日ブログであげたクローバーは生き生きと茂ってるのに対し、看板上のワイヤープランツ葉がなんともちいさくて心細いです。ワイヤープランツってほっとけばどこまでも茂って生命力が強い植物のイメージなのですが。。どうしたことでしょうか?

以前住んでいた家は地上の窓際に植えてたワイヤープランツがどんどん成長し、二階の窓際の床から生えてきたことがあってびっくりしましたw

この子にそんなたくましさは感じないけれど。。それともこの子は違う種類のものなのかな?

ただ見慣れてくるとこれはこれで有りな気もしてくるから不思議です。もうしばらく様子をみてみようかな。

DSC_0308

こちらは檸檬の木。檸檬が大きくなりました。黄色く色づく日が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0305

最近野菜不足だったので今日はベジタブルサンドイッチを

付け合せにも野菜が

不足分を一気に食べたからと言って帳消しになるわけではないのですが、沢山食べると気分がいいです。

DSC_0306

ところでこれはポーチ沿いに植えたクローバー。思った以上に大きく育ってびっくり。こんなにクローバーって青かったかなーと思うほど鮮やかなグリーンで、さわり心地もやわらか。   ここを見るたびにマヨネーズをかけて食べてみたい衝動にかられますw。

 

 

 

最近はすっかり空が高くなっていて、ぼーっとしてるとアッとゆう間に季節は変わっていくんだなと、しみじみ思う日々。外で空を見上げている人達も同じ事を思っているのでしょうか。

先日は新潟へ行く機会がありまして、あちらでは美味しい海の幸を堪能し、どれを食べても甘みがあって感動させていただきましたが(とくにノドグロ!)、なによりも感動したのが海の景色の美しさ。日本海の荒くれたイメージとは程遠く、穏やかでやさしい海が広がっておりました。冬とは違う一面があるんですね。

釣り人も多く、あちらで出会った人ほとんどがマイ釣竿を持っていたような。私の周りの人達もちょっと時間があくと釣りしてました。でもあんなのんびりした海のそばで暮らしてたら私も釣竿持って通ってしまうかも。

早朝、海から釣り人達とぼんやり見上げる空はやっぱり高くて静かなのに、海に夕日が沈みだすと命が沸き立つような赤いエナジーが空一面を彩って怖いぐらいでした。

そんな空を眺めながらの朝、夕方のコーヒー。美味しかったな。

s-DSC_0265